秋季リーグ戦・3週目戦評

秋季リーグ戦・第3週
対 環太平洋大学

1日目 第3試合

先発ピッチャーは日浦(3年・崇徳)。初回いきなり環太平洋大の1番岡田に先頭打者ホームランを打たれ1点を先制される。2回にも長打を浴び1点を失ってしまう。しかし3回以降は持ち前の粘り強い投球で無失点に抑える。
粘りの投球を続ける日浦援護したい打線は、チャンスを何度か作るも8回まで相手投手西山に無失点に抑えられる。しかし、9回。1アウトながら1番井芹(1年・高陽東)がセンターへのヒットで出塁。その後、投手交代があり、二連続のフォアボールで1アウト満塁。ここで4番服部(4年・庄原実業)がセンター前にヒットを放ち1点を返し1−2。チャンスは続き打席には5番田中(3年・倉敷工)。2ボール2ストライクからの5球目。田中の打った打球は右中間を抜けていき2人が生還し3−2と逆転サヨナラ勝ち。今回も終盤の逆転で勝利した。

環太大 110 000 000 2
吉国大 000 000 003x 3x

バッテリー
日浦(9)ー青木、藤井

二塁打 田中

2日目 第2試合

この日の先発は石川(3年・三島)。
3回までランナーを出すも要所を締め無失点に抑えていたが、4回一死からセーフティバントでランナーを出しヒットで繋がれ8番打者にタイムリーを浴び1点を失う。
さらに、6回先頭の5番打者にソロホームランを打たれ次の打者にもレフト前に安打を浴び送りバントを決められ交代したが変わった寺地(1年・高揚東)、内田(3年・光)も踏ん張れず四死球、犠飛、タイムリーでこの回3点を失う。

打線も負けじと5回一死から山口(1年・唐津商業)のソロホームランで1点を返し続く青木(3年・鳴門)でチャンスを作り9番山本(2年・高知)のショートゴロの間にホームインし環太平洋大学先発岩永から2点を取り逆転したがそのあとは打線も沈黙し投手陣も粘れず2-5で敗北した。

吉国大 000 020 000 2
環太大 000 103 010 5

バッテリー
石川、寺地、内田、平井 ー 青木

本塁打 山口

三塁打 青木

3日目 第1試合

1勝1敗で迎えた3戦目。両チームの先発は1戦目と同じく吉備国際大は日浦、環太平洋大は西山。
先攻の吉備国際大は初回、三者凡退に抑えられる。その裏、二塁打、送りバント、ヒットで1点を失い、2回にも同じような形で1点を失ってしまい0−2とされる。しかし直後の3回、2アウトから3週目からスタメン出場の9番山本(2年・高知)がレフトへのホームラン。1点を返し1−2とする。その後は5回まで両チーム無得点。しかし6回裏。先頭打者の4番志賀に内野安打と送球ミスで0アウト2塁のピンチを迎えてしまう。次打者は送りバント。しかしこれが1塁への悪送球となり2塁ランナーが生還し1−3。その後、ワイルドピッチで1点を失い1−4。7回にも長打で1点を失ってしまった。打線も4回以降西山に3安打に抑えられ無得点。1−5で敗れ勝ち点を奪うことができなかった。

吉国大 001 000 000 1
環太大 110 002 00X 5

バッテリー
日浦(8)ー青木、藤井

本塁打 山本

3週目も多くのご声援をいただきまして誠にありがとうございました。次回は10月13、14日にオーヴィジョンスタジアム下関にて東亜大学との対戦となります。次戦もご声援のほどよろしくお願いします。

Posted in マネージャー日記.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です