秋季リーグ戦・第2週目戦評

秋季リーグ戦・2週目
対 徳山大学

1日目 第1試合

打線は徳山大の先発ピッチャー岡に対し6回まで1回もチャンスを作れず無得点。しかし0ー2で迎えた7回。連打、フォアボールで2アウト満塁のチャンス。ここで途中出場の8番藤井(2年・京都翔英)がレフトへのヒットを放ち2ー2の同点に追いつく。8回には1番井芹(1年・高陽東)がフォアボールで出塁。2アウト2塁のチャンスで4番服部(4年・庄原実業)のライトオーバーの三塁打で3ー2と勝ち越す。

先発ピッチャーは日浦(3年・崇徳)。3回に内野安打、犠牲フライで2点を失うが、その後は打たせて取る投球で0点に抑える。9回には平井(3年・広島国際学院)が登板し0点に抑え、3ー2で勝利した。

徳山大 002 000 000 2
吉国大 000 000 12X 3
日浦(8.1/3)、平井(2/3)ー青木、藤井
三塁打 服部

2日目 第1試合

先発ピッチャーは寺地(1年・高陽東)。1ー0で迎えた3回、フォアボール、送りバントでピンチを迎え2番、3番、4番に連続タイムリーを打たれ1ー3とされる。リリーフの合田(3年・丸亀城西)、田口(1年・唐津商)も相手打線の流れを止めれずこの回8失点。6回にも1点を失った。

打線も2回に4番服部のライトへのホームランで先制するが、その後はチャンスを生かせず無得点。1ー9
で敗戦した。

吉国大 010 000 0 1
徳山大 008 001 X 9
(大会規定により7回コールド)
寺地(2.1/3)、合田(0/3)、田口(3.2/3)ー藤井
二塁打 藤井
本塁打 服部

第2試合

日程の都合によりダブルヘッダーで3戦目が行われた。
初回、徳山大の先発ピッチャー岡から先頭1番井芹がレフトへのヒットで出塁。2アウト2塁とし、4番服部のライトへのタイムリーで先制し1ー0。

吉国大の先発は主将の内田(3年・光)。初回は無失点に抑えるも、2回にフォアボール、エラーでランナーを出し、フィルダースチョイス、タイムリーツーベースで1ー3とされる。4回途中から登板した平井、5回から登板した石川(3年・三島)も失点し合計8失点。

打線も初回以降チャンスを作れず無得点で7回で1ー8。2試合連続のコールド負けを喫し、勝ち点を奪うことができなかった。

徳山大 031 310 0 8
吉国大 100 000 0 1
(大会規定により7回コールド)
内田(3.1/3)、平井(2/3)、石川(3)ー藤井

今週もたくさんのご声援をいただきありがとうございました。次回は9月の29、30日に福山市民球場で環太平洋大学との対戦となります。引き続き応援よろしくお願いいたします。

Posted in マネージャー日記.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です