秋季リーグ戦開幕・1週目戦評

9月1日(土)より秋季リーグ戦が開幕致しました。

優勝を目指しチーム一丸となり戦いますのでご声援宜しくお願い致します。

秋季リーグ戦・第1週目戦評

対 福山大学

1日目 第三試合

開幕投手を任されたのは日浦(3年・崇徳)。初回、先頭バッターにヒットを打たれ、いきなり1アウト1,2塁とされるが落ち着いた投球で0点に抑える。

好投の日浦を援護したい打線は4回、1アウトから2番井芹(1年・高陽東)が二塁打で出塁。その後2アウト2塁となり、4番服部(4年・庄原実業)の打球が相手のエラーを誘い1点を先制。5回には9番坂本(4年・柳川)のフェンス直撃の二塁打、6回にも5番吉原(4年・鹿児島実業)の犠牲フライで追加点を奪った。

援護をもらった日浦は5回、7回に再びピンチを迎えるが、ここでも落ち着いた投球でピンチを切り抜ける。コントロール良く打たせてとる投球で9回を105球、無四球完封の好投だった。

吉国大 000 111 000 |3

福山大 000 000 000 |0

日浦(9)−青木

二塁打 井芹、坂本、井上

2日目 第二試合

先発はリーグ戦初登板の寺地(1年・高陽東)。初登板とは思えないほどの堂々とした投球で3回まで相手打線をノーヒットに抑える。しかし、4回。1アウトから死球を与え、送りバントで2アウト2塁。対するは4番藤田。初球を右中間に運ばれ1点を先制されてしまう。6回にはヒット、四球などで0アウト満塁のピンチを迎える。ここで投手交代。平井(3年・広島国際学院)がマウンドに上がる。気迫の投球で4番藤田を三振、5番高橋をピッチャーゴロ、ホームゲッツーに抑え0点に抑えるという見事な投球だった。その後はリリーフの石川(3年・三島)が無失点に抑えた。

打線は再三ランナーを出すものの、チャンスでの一本が出ず9回を4安打に抑えられ無得点。福山大打線を1点に抑えていた投手陣を援護することができなかった。

福山大 000 100 000 |1

吉国大 000 000 000 |0

寺地(5)、平井(1)、石川(3)−藤井

3日目 第一試合

1勝1敗で迎えた3戦目。先発は1戦目で好投を見せた日浦。この日も打たせてとる投球が光り4回までヒット1本に抑える。しかし5回。ヒット、死球などで1アウト満塁のピンチを迎えてしまう。ここで2戦目に見事にピンチを抑えた平井がマウンドへ。1番松本を三振、2番小寺をセカンドゴロに打ち取りこの日も完璧な救護を見せた。6回からは合田(3年・丸亀城西)がマウンドへ。3本のヒットを許し1点を先制されてしまう。

打線は2回にチャンスを作るが無得点。3回以降は無安打に抑えられていた。終盤の8回。2アウトながら途中出場の藤井(2年・京都翔英)が左中間への二塁打で出塁。その後、代打の田中(3年・倉敷工)、1番井芹が四球を選び2アウト満塁。ここで打席には2番佐藤(2年・広陵)。ここ2日間は無安打と不調だったが1ボールからの2球目。捉えた打球はライトの頭上を越える走者一掃のタイムリー二塁打となり逆転をする。

その後は7回から登板した内田(主将・3年・光)が粘りの投球で1失点に抑えた。

3戦目に勝利し2勝1敗で勝ち点1を奪った。

福山大 000 001 001 |2

吉国大000 000 03x |3

日浦(41/3)、平井(2/3)、合田(1)、内田(3)−青木、藤井、通山

二塁打 藤井、佐藤

沢山のご声援をいただき誠にありがとうございました。
次戦は9月8日、9日 津田恒実メモリアルスタジアムにて徳山大学と対戦します。次戦もたくさんのご声援をよろしくお願い致します。

Posted in マネージャー日記.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です