平成30年度春季リーグ戦第5週戦評

平成30年度春季リーグ戦第5週戦評

1日目 先発石川(三島)は初回先頭にセンターヒットから一死1塁3塁のチャンス与えると4番の犠牲フライで先制を許す。さらに3回先頭9番のレフト前ヒットから一死満塁のピンチそして3番、4番、5番に連続安打を許し一挙にこの回4点を失う。その後変わった合田(丸亀城西)は嫌な流れを断ち切り4回、5回、6回と無失点に抑える。しかし7回マウンドを預かった日浦(崇徳)は二死から満塁のピンチで8番、9番に連続タイムリーを打たれさらに3点を失ってしまった。

徳山大学の先発はエース岡

対する吉備国際大の攻撃陣は初回四球などで二死1塁、3塁のチャンスを作るも得点には至らなかった。その後は徳山先発岡に好投を見せられ6回までヒット2本に抑えられる。

しかし7回先頭服部(庄原実業)のセカンドへの内野安打から続く小関(東福岡)のレフトへのタイムリー2塁打を放ち1点を返す。が、しかし反撃もここまで投打に振るわず痛いコールド負けを喫してしまう。

吉国大|000 000 1|1

徳山大|104 000 3×|8

大会規定により7回コールド

石川(三島)、合田(丸亀城西)、日浦(崇徳)ー 藤井(京都翔英)

 

2日目 今日の先発も石川(三島)が先頭にセンター前に弾き返されマウンドを降りる。それを引き継いだ内田(光)は上々なピッチングを見せる。3回に1点を失うも、7回まで1失点に抑える。が、しかし、8回先頭の1番を四球で歩かせ続く2番は犠打、3番はファーストへの内野安打でそして4番にセーフティーを決められ、一死満塁のピンチで5番に走者一掃のタイムリー3塁打を打たれ万事休す内田もこの回でマウンドを降り引き継いだ合田(丸亀城西)も1点を失った。

徳山大学の先発は楠岡

対する吉備国際大攻撃陣は2回先頭服部(庄原実業)のライトへの2塁打、続く小関(東福岡)の犠飛で一死3塁のチャンスだったが7番菊池(西条農業)が痛恨のピッチャーゴロで本塁タッチアウト。それ以降なかなかチャンスを作れずに6回までヒット3本に抑えられてしまう。しかし7回から変わった吹本から8回に一死から3連続四球で満塁のチャンスを作る。そして7番藤井(京都翔英)、8番途中出場の井芹(高揚東)の2連打などで4点を返す。しかし反撃もここまであと一歩届かずリーグ戦最終戦も連敗に終わった。

徳山大|001 000 041|6

吉国大|000 000 040|4

石川(三島)、内田(光)、合田(丸亀城西)ー 藤井(京都翔英)

ご声援ありがとうございました。

 

Posted in マネージャー日記.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です