平成30年度 春季リーグ戦 第2週 戦評

平成30年度 春季リーグ戦 第2週目 戦評

対福山大学   第1日目 第2試合

吉備国際大学0000000 |0

福山大学        111050 ×  |8

大会規定により7回コールド

吉備国際大の攻撃陣

対する福山大学の先発投手は山崎に対して、3者凡退に切られる!

しかし3回の攻撃、8番吉原(4年・鹿児島実業)が1アウトからレフト前ヒットで出塁

次の初球、盗塁を試みて成功、9番坂本(4年・柳川)は死球で1アウト1.2塁を作るもの、1番2番は凡退でチャンスを

その後もランナーは出塁するものの無得点、7回に代打、小関(3年・東福岡)ツーベースヒットを放つものの後が続かずに無得点!

吉備国際大の投手陣

先発投手は内田(3年・光)初回に先頭打者の出塁を許しまう、2番送りバントで1アウト2塁で、3番に内野安打で1アウト1.3塁で4番にタイムリーを許すが、最小失点で初回を抑える!

2回.3回も同じような形で得点を許してしまう!

5回、内田は福山打線に完璧に捕まり、内田に代わり投手、大杉(4年・高松北)に変わるものの、勢いを抑えきれず一挙に5失点!

 

 

第2日目 第1試合目

 

福山大学        130000100|5

吉備国際大学000110000|2

吉備国際大学の攻撃陣

対する福山大学の先発投手は木場、守備から攻撃のリズムを1回・2回はランナーは得点圏に行くものの無得点に終わる。

しかし、4回に先頭が出塁し、相手のワイルドピッチで進塁し、5番大崎(4年・伊万里)がタイムリーを放ち1点を返す!

5回は相手のエラーから出塁し、なんとか2アウト3塁の形を作り、次の打者がタイムリーを放ち2点目奪う!

6・7・8・9回は毎回ランナーは出塁するがタイムリーが出ずに無失点!

吉備国際大学の投手陣

先発投手は平井(3年・広島国際)は初回の立ち上がりは先頭を三振を取るものの、次の打者は制球が乱れ四球を許してしまう、3番にセフティーバントをさせるが2アウト2塁にするが、足を絡められて2アウト3塁を作られる、制球が乱れていた平井、ワイルドピッチで1点を失う!

2回も制球が乱れしまい、平井は2点を許してしまう、2アウト満塁で投手交代、日浦(3年・崇徳)は死球で1点を与える、一挙に3点を許した!

その後のピッチングは出塁を許すも5回を2失点の好投を見せ、試合の流れを変えるピッチングを見せる!

8回・9回は4年生投手の大杉・白井がランナーの出塁を許すも無失点に抑える!

Posted in マネージャー日記.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です