平成30年度春季リーグ戦 第1週 戦評

4月1日より、春季リーグ戦がマスカットスタジアムにて開幕されました。

10季ぶりのリーグ優勝を目指して頑張っていきますのでご声援宜しくお願い致します。

 

一日目

初回、2番佐藤寛太(4年・高川学園)のライト前ヒットに続き、3番服部真琴(4年・庄原実業)もライト前ヒットで1死1・3塁で相手のワイルドピッチにより1点を先取する。

5回、2死から1番井上樹希也(2・唐津商業)が相手の失策により出ると、そこから大崎泰誠(4年・伊万里)のツーベースヒット、野田絢平(4年・柳川)のタイムリーなどにより4点を取ることに成功した。

 

開幕先発を任された内田(3年・光]は打者を打ち取り、8回1失点の好投を見せた。24個のアウトのうち、17個も打ち取るというピッチングで野手のリズムもよくいけた。

 

吉国大 100 040 000|5
岡商大 000 000 011|2

バッテリー
内田、平井ー藤井裕

二塁打-大崎

 

二日目

先発、石川(3年・三島)は初回、先頭打者にヒットを打たれ、ランナーを出し、1死2塁からライト前ヒットを打たれた。

ランナーはホームを目指すも、ライト服部のライナービームの返球でアウトを取る。

その裏、流れよくいけたことで先頭から打者3人連続のヒットから大崎の犠飛、野田絢平のタイムリーで2点を奪う。

石川はヒットを打たれ、ランナーを出すも打たしてダブルプレーを取るなど、無失点で抑えた。

打線は繋ぐことができ、7回9安打7得点でコールドゲームにすることができた。

 

岡商大 000 000 0|0
吉国大 230  011  ×|7

大会規定により7回コールド

バッテリー
石川ー藤井裕

二塁打-服部、藤井

岡山商科大学から2勝したため、勝ち点1を取ることができました。

 

次戦は、4月7日、8日に津田恒美メモリアルスタジアムで福山大学との試合が行われます。

ご声援宜しくお願い致します。

 

Posted in マネージャー日記.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です