秋季リーグ戦第5週目戦評

秋季リーグ戦第5週目戦評

3日目 第2試合

最終週は来期に向けて3年以下の新チームとして挑んだ。
2回の表、先頭の4番服部(3年・庄原実業)の2塁打から1死1,3塁から7番藤井裕(1年・京都翔英)のスクイズが決まり先制点を奪う。しかし、3回裏。2死3塁の場面。先発内田は打者を内野ゴロに打ち取ったかにも見えたが、野手の失策により1失点。その後も5回、7回と要所を締めることができず2失点。打線も3回以降わずか2安打と援護することができなかった。

吉国大 010 000 000 |1
東亜大 001 010 10×  |3

バッテリー
内田、平井ー藤井裕
2塁打 服部

4日目 第1試合

先発日浦(2年・崇徳)が3回、5回と失点し、1戦目と同じ流れを相手に作ってしまった。しかし、6回から任された大杉(3年・高松北)が、4回2安打無失点と流れを引き寄せた。
打線はこれに答え、7回先頭3番大崎(3年・伊万里)が内野安打で出ると、続く4番服部がカウント1ボールから打った打球はライトスタンドへ。今大会、自身2本目となる同点2ランホームランで試合を振り出しに戻した。その後10回タイブレークに進んだ。
10回表、後を任された平井(2年・広島国際学院)がたった1球で打ち取り、ダブルプレーで相手の攻撃を終わらせ無失点とした。
裏の攻撃。1打出ればサヨナラという場面。4番服部が三振。5番代打森野(3年・呉港)は内野ゴロとチャンスを逃した。
11回表、平井に変わり石川(2年・三島)が任された。最初の打者に四球を与え、押し出しで1点を奪われるも、次の打者をダブルプレーに打ち取った。打線はまたもチャンスだが決定打が出ず、負けを喫した。

東亜大 001 010 000 01|3
吉国大 000 000 200 00|2

バッテリー
日浦、大杉、平井、石川ー藤井裕

本塁打 服部(2ラン)

来期に向け、課題が多く残る試合となりました。
来期も優勝に向けてチーム一丸となり、練習に励みますのでご声援宜しくお願いします。

Posted in マネージャー日記.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です