秋季リーグ戦第3週目戦評

秋季リーグ戦第3週目戦評

1日目第2試合

先発萩原(柳川)は先頭打者に2塁打を浴び初回からピンチを

作る。2死3塁となり4番打者に左安打を打たれ先制された。

しかし、2回から6回までは投球を立て直し無失点に抑えた。

7回。安打とボークで追加点を奪われたが7回2失点無四球の

投球で今季3勝目を挙げた。

打線は初回から持ち前の打力が発揮した。

先頭茅島(4年・西日本短大附属)が右3塁打を放ち流れを

確実に持ってきた。初回から打者8人の猛打で3点を奪うと

3回には相手のミスにつけ込み4得点、4回には4番田中(4年・如水館)の

2点本塁打(今季1号・大会第5号)などで10得点と今季初のコールド勝ちを収めた。

福山大100 000 1|2

吉国大304 201 ×|10(7回コールド)

バッテリー 萩原(3勝目)-藤井裕

2塁打 松本(4年・唐津商業)

3塁打 茅島(4年・西日本短大附属)

本塁打 田中(4年・如水館)

 

2日目 第1試合

先発内田(2年・光)は初回から苦しい立ち上がりだった。

2回に2本の長打で先制されたが、粘りの投球を見せ、9回1失点無四球の

投球で萩原に並ぶ3勝目を挙げた。守りでも無失策と野手の粘りの守備も光った。

打線は果敢に攻めるもあと1本が出ない展開が続いた。試合が動いたのは

同点で迎えた8回。2死から松本、田中が出塁し、2死1・2塁で

5番藤本恭(4年・山口県鴻城)。打ったは打球は2塁手正面のゴロで

またもチャンスは逃したと思われたが、まさかの2塁手の失策で逆転に成功。

失策からもぎ取った点が決勝点となり、勝利し、勝ち点を獲った。

吉国大000 100 010|2

福山大001 000 000|1 勝ち点1

バッテリー 内田(3勝目)-藤井裕

 

第4週目はオーヴィジョンスタジアム下関にて

岡山商科大学と対戦致します。最終週に望みを繋ぐ

大事な週となります。スタッフ・選手一同全力で

戦いますので、皆様も熱いご声援宜しくお願い致します。

 

Posted in マネージャー日記.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です