秋季部内リーグ戦4日目(フレッシュ)

第1試合

本日のテーマ「打者は三者凡退をなくす。投手は、先頭の4球をなくす。失点3点以内にする。」

先発の岡村(1年・岡山理大付)が初回から制球に苦しみ厳しい展開となった。しかしリリーフした靏原(1年・東洋大姫路)が粘り強く投げゲームを立て直した。また攻撃も序盤に取られた点を3番善生(3年・大手前)のタイムリーなどで回を重ねるごとに取り返していった。だか終盤のチャンスで一本がなかなかだすことができず7対5で敗戦してしまった。

打者成績

1.センター 長石①5打数無安打

2.サード有田①3打数無安打2四死球

3.ライト善生③5打数4安打

4.DH中村①2打数1安打3四死球

5.ショート田上②5打数無安打

6.キャッチャー安井①3打数無安打1四球

7.セカンド三浦①4打数無安打

8.ファースト青木①4打数1安打

9.レフト高山②4打数2安打

投手成績

岡村① 1回2/3 6失点  敗

靏原① 7回1/3 1失点

第2試合

本日のテーマ「投手は3点以内。先頭、四球をなし。三者凡退をなくす。チャンスでの一本。」

2試合目は序盤両チームの先輩投手による投手戦の展開となり、点が入らない展開が続いていた。しかし4回9番高山(2年・大谷)のタイムリーヒットで先制をした。しかし6回に追いつかれたもの7回に取り返した。そして9回を迎えここまで好投していた先発竹田(1年・岩美)だったが犠牲フライで同点とされた。しかし、ここで予期せぬドラマが起こった。2番中村(1年・波佐見)の強烈なセカンドゴロがエラーを誘い出塁し足を絡め3塁まで進塁した。このしびれる場面でチームで1番勝負強い男田上(2年・柳川)の気合のセンター前タイムリーヒットで見事3対2で勝利をおさめた。

打者成績

1.ライト善生③4打数無安打1四球

2.DH中村①2打数無安打1四球

3.センター長石①4打数無安打1死球

4.サード有田①1打数1安打4四死球

5.ショート田上②5打数2安打

6.キャッチャー安井①3打数無安打

7.セカンド三浦①4打数2安打

8.ファースト青木①3打数無安打1死球

9.レフト高山②4打数1安打

投手成績

竹田①9回2失点 勝

投稿者 安井(1年・玉野)

Posted in マネージャー日記.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です